top of page

信仰と親孝行(創世記22:6-12)

先日、イ・ヒョソクという作家が1936年に書いた短編小説「そばの花が咲く頃」を読みました。江原道蓬坪を背景に、ジャンドルバン三人が市場へ向かう途中で起こる出来事を描いた話です。ジャンドルバンとは「物を持って複数の市場を回って商売をする人」を指す言葉です。若き杖突きのドンイが年老いた杖突きのホ・ソンウォンに、自分は「父なしで生まれた」と言います。 するとホ・ソンウォンは「そんなはずがない」と言い、ドンイは父に会ったこともないばかりか、父について何も知らないので「父なしで生まれた」と言いました。 しかし、次第にホ・ソンウォンがドンイの父親であることが明らかになり、物語は終わります。

すべての人は、両親を知らない場合はあっても、両親なしで生まれることはできません。 すべての人は、両親から生まれます。これは当然の理屈であり、私たち全員が「秩序と調和」の中で生まれたことを示しています。今日、このような「秩序と調和」が多く損なわれていますが、親の子への愛と子の親孝行という本分を通じて、家庭と私たちの社会が安定し、健康になることができます。

しかし、聖書は、親の子への愛と子の親孝行の本分をこれよりもっと崇高なものとして理解させます。

神様は親身になって私たちに「親を敬え」という戒めを与えてくださいました。 この戒めは十戒のうち腰の部分に該当します。

まず十戒について考えてみましょう。十戒は便宜上、大きく2つのテーマに分けることができます。 (1)まず、神様との正しい関係を築くための戒めとして、第1戒めから第4戒めまでがこれに該当します。 それから、(2)第5戒めから最後の第10戒めまでは、人と人との関係を美しくつなぐ戒めがあります。

聖書は、モーセが神様から十戒を受け取った時、二つの石板で受け取りました。 なぜ二つの石板なのか」という質問に、一つの石板には第1戒めから第4戒めを、もう一つの石板には第5戒めから第10戒めまでを刻んでおいたと考えがちです。 しかし、古代近東社会の文化を考慮すると、十戒の内容を切り離して二つに分けて記録したのではなく、同じ内容を二つの石板に、例えば契約当事者の相互に所有する「甲と乙」のように、同じ内容を二つの石板に記録した可能性が高いです。

すべての戒めは、その順序と進行において互いに関連性があります。神への愛と隣人への愛は別々に切り離して理解してはいけません。イエス様が神への愛を第一の戒めと言いながら、「第二もまた同じように」あなたの隣人をあなた自身と同じように愛しなさいと言われました。 第二もまた同じように」。本当の意味で、第二を守らなければ、第一も破ることになります。

私は今日、第5戒めが神様に対する戒めと隣人に対する戒めを結びつけ、十戒の原則を理解させる中枢的な役割を果たすという事実をお話ししたいと思います。第5戒めを正しく理解すれば、十戒全体を見抜く慧眼(慧眼)を持つようになると思います。


1.第5戒めが第6戒めより先である。

十戒は配列された順番が重要です。これは神様が決めてくださったものですから、人が任意に変えてはいけません。十戒の順番は重要な順序であり、これは聖徒の生活にもそのまま適用されるべきです。 しかし、多くのクリスチャンは十戒を順番に覚えることはできますが、生活の優先順位には適用できない場合が多いです。十戒の一番最後にある「物質」が人生の最優先事項となり、最優先すべき神様が一番後回しにされる場合です。

すべての戒めは一つの方向に連鎖的に作用します。十戒の正しい順番をあなたの人生に適用すれば、ごちゃごちゃした人生に神の国の秩序と調和を享受できるようになります。

十戒の流れと順序の中で、「父母を敬え」という第5戒めはどのような意味を持つのかお話しします。

私たちが生きている社会では、「親を敬わない罪」と「殺人の罪」のどちらがより悪い罪とされていますか? 親を敬わなかったからといって、死刑に処する国はないでしょう。 殺人を犯した人は、どの国、どの社会でも大きな罪悪とされています。

しかし、神の国では、殺人罪は六番目の重罪です。 それよりも罪の質が悪い罪があるということです。 まず、神様に仕えない罪、次に神様に仕えると言いながら偶像を作ったり、偶像に祈る罪(迷信もこれに属します)、神様の名前を勝手に悪用し、誤用する罪、次に安息日(主日)を守らない罪、その次は安息日(主日)を守らない罪です。神様の国では、これらの罪は殺人罪よりも大きな罪です。 しかし、これ以外にももう一つあります。それは第5戒めです。 両親を敬え」です。

神の戒めに従えば、親を敬わない罪が殺人罪よりも重い罪です。どうしても納得できないですか? 私が皆さんを納得させることも大切ですが、皆さんが神の国の民になりたいと思うなら、これを信じて認めなければなりません。


2.神様の代理人である親(子供は親を通して神様に出会う)

聖書は、私たちが考える以上に親の存在を神聖視しています。律法は親を呪う者は必ず殺すように命じています(出エジプト記21:17; レビ20:9)。申命記27章には、親を軽んじる者は呪われると書かれています。 子どもにとって親は神の代理人です。

ユダヤ人の格言の中にこんな言葉があります。"神は世界のすべての場所に直接おられることができないので、母を送りました。 母がいるところに神がおられ、母の心が神の心であり、母の手が行くところに神の手が行くものであり、母が働くところに神が働いているのです。"

親孝行が大切な理由はここにあります。子供たちは親を通して初めて神様を学び、知っていくからです。


3.親は子供たちに信仰教育を担当しなければならない。

申命記6:4-5を見ると、「聞きなさいイスラエル」(シェマ・イスラエル)という節があります。

4.イスラエルよ、聞きなさい、私たちの神エホバは唯一のエホバである。

5.あなたは心を尽くし、意志を尽くし、力を尽くして、あなたの神エホバを愛しなさい。

ユダヤ人は自分の子供が生まれたら、一番最初に耳にかける言葉がこの言葉だそうです。 それだけ、旧約聖書で最も重要な言葉の一つです。 しかし、神様はこの言葉を子供に熱心に教えなさいと言われます。6~9節です。

6.今日、わたしがあなたに命じるこの言葉を、あなたは心に刻み、そして

7.あなたの子供に熱心に教え、家に座るときにも、道に行くときにも、横たわるときにも、起きるときにも、この御言葉を説教するのです。

8.また、それをあなたの手首に結び、記号とし、あなたの額に付けて、印とし、また

9.また、あなたの家の門柱と外の門に書き記しなさい。

親が子供から尊敬され、尊敬されるべき理由は、親が子供に権威ある神の御言葉を直接教える教師だからです。

クリスチャンである親が子供に優先的に教えなければならないのは、アルファベットや九九ではなく、皆さんの子供たちが自分の人生の最優先事項が神様になるようにすることです。 これを教えるために、皆さんは子供たちに権威者になり、子供たちは親を尊敬しなければなりません。

今日、牧師の役割は何ですか? 神様の御言葉を伝え、教える役割です。 ですから、牧師職は尊重されなければなりません。 ここで説教している私という個人ではなく、牧師職のことを言っているのです。 牧師職を担った牧師自身もそうしなければなりません。牧師という職が無視されたり、不名誉にならないようにしなければなりません。唯一の神の御言葉のためです。

このような点で、親は子供に従順する方法を教えなければなりません。今日、多くの親は子供たちが好きなようにさせてしまいます。子供たちが勝手に良いものを取ってくれると信じるような愚かな考えはありません。 誰もが放っておくと、正しい道を捨て、神から遠ざかります。聖書はこのような親を断罪します。

親にとって、子どもは神様が預けられた神様の所有物です。皆さんが子どもを持つことは、神様の前で召命者、使命者になったことを意味します。 また、子どもは神様が皆さんにくださった贈り物です。 そのため、皆さんは子どもたちによって喜び、楽しむことができます。 しかし、それよりもっと重要なことは、神様が与えた「親の義務」です。あなたの子供たちが神様を真の父として告白し、神様を頼りにして生きていくようにしなければなりません。

通常、親は子供たちより先にこの世を去ります。このことは、親の使命を果たすには期限があるということです。 与えられた期限、それがどのくらいあるか分かりません。 そのためには、熱心に子供たちを教えなければなりません。何を教えなければなりませんか?


1.まず、神様の御言葉を教えなければなりません。 そのためには、皆さんがまず、神様の御言葉を学ぶ学生にならなければなりません。 母鳥が自分の口から餌を取って巣の中にいる子鳥の口に入れるように、皆さんは神様に受けた恵みを自分の口から自分の子供たちに与えなければなりません。 インターネットで拾ったインスタント恵みを与えてはいけません。直接必要な恵みを求めてください。子供たちのためにも、より豊かな恵みを受けてください。神様は親である皆さんにもっと多くの恵みを与えてくださいます。

子供たちが親の声で神の御言葉を朗読し、暗唱するのを聞くようにしてください。そして、文章を読む時が来たら、直接聖書を読むようにしてください。あなたの子供たちが聖書を他の本と混同しないようにしなければなりません。他の本の間に聖書が挟まれないようにしてください。聖書はいつも一番上、高いところに置いてください。聖書を乱暴に扱ったり、破ったりしないように厳しく教えてください。 そうして聖書を畏敬の念を持つようにするのが親の義務です。


2.重要な教理を教えなさい。

子供たちに罪と罪悪感、罪の結果、罪の能力と悪さを教えてください。現代社会では、罪がもはや罪と見なされない傾向が強いですが、主イエス・キリストが私たちの罪のために十字架につけられ、その血によって私たちの罪が赦されることを伝えてください。

また、人の心に起こる聖霊の働きを教えてください。聖霊がどのように聖徒の心を新しくし、変えるのか、どのように人の心を聖化し、清めるのかを教えてください。

あなたがそうすれば、子供たちは少しずつ真理を理解し、悟るようになるでしょう。 しかし、聖霊が子供たちに栄光の福音の深さと広さを深く知り、悟ることができるように祈ってください。


3.祈る習慣をつけるようにしてください。

祈りは信仰者の呼吸です。あなたが生まれ変わった人であることを教えてくれる最初の証拠です。真のクリスチャンは祈ります。必要なことを神様に求め、神様の前に自分の感情を打ち明けます。 自分が感じる恐れと必要性を語ります。このように、祈りは純粋に心から出るものです。 祈りは人を変えます。祈りは霊的成長の秘訣です。祈りは、まるで大地を目覚めさせる春の雨のように、魂の成長を起こします。

親たちよ、もしあなたが本当に子供たちを愛しているなら、あなたが持っているすべての権威と能力を使って、子供たちが祈る習慣を身につけられるようにしてください。

どのように祈りを始めるかを見せてください。何を祈るべきかを教えてください。疲れた時、苦しい時ほど神様に頼る祈りの姿を見せてください。

私の母はいつも早朝の祈りを行っていました。 夜中に寝ている時に玄関のドアが開閉する音を聞くと、母が祈りに行っているんだなと思いました。 そうやって自然に祈りだけが生きる道であることを知りました。

この仕事を他の人に任せてはいけません。自分でやればいいだろう」というのは、当然の叱責の対象になります。もしあなたの子供が一度も自分で祈る声を聞いたことがないなら、それは親であるあなたの責任です。


4.第四に、恵みの手段である礼拝に熱心に、定期的に参加する習慣を持つようにしてください。

神の家である教会に出て、会衆と一緒に賛美して礼拝を捧げることは、聖徒の特権です。 そして義務です。神の民が集まったところにイエス様が特別に臨在されます。

トマは復活されたイエス様が来られた場所にいませんでした。 あなたの子供たちがトマのような者にならないようにしてください。今日、教会の中に若い学生や青年がいないことが多くなっています。しかし、今、私たちの教会の聖餐式には、年配の老人や若者、そして幼い子供たちが一緒に囲んで参加しています。このような美しい聖餐が続くためには、皆さんの子供たちが、とんでもない言い訳をして教会を欠席することがないようにしなければなりません。

神様がおられる礼拝に親と子供が一緒に参加しなければなりません。

ジョン・ウェスリーは、私たちが神の前に立つとき、3つの質問を受けると言います。 第一に、あなたに与えられた時間をどのように管理したのか、第二に、あなたに与えられた財産をどのように管理したのか、第三に、あなたに預けられた子どもをどのように育てたのか。

主の叱責を軽く考える愚かさに陥らないでください。


5.最後に、親の言葉を信じて従うようにしてください。

子供たちは親であるあなたの言葉を信じなければなりません。 自分の考えよりも、親であるあなたの判断を先に信頼し、あなたの考えを尊重することができなければなりません。親であるあなたが子供たちに有害なことを言うなら、子供たちはそれを有害なことを受け入れることができなければなりません。 また、有益なことを言うなら、子供たちはそれを有益なことを受け入れることができなければなりません。

子供たちが両親の話を聞いて、すべて同意したり、理解したり、納得したりすることはできません。 しかし、親であるあなたが何を言っても、理解できなくても、納得できなくても、それなりの理由があると信じさせる必要があります。

一部の親は、子供が理解できないことを要求してはいけない、また、子供に何かをさせるときは、その理由を細かく説明しなければならないと言う人がいます。もちろん、子供たちに話すとき、無条件にやれと言うのではなく、少しずつ説明して理解させる必要がある場合もあります。しかし、まだ弱く不完全な知覚を持つ幼い子供たちはいつも「なぜ、何のために? という反応をするでしょうし、その度に説明しなければならないのは、子供たちが従順から遠ざかっているということです。


アブラハムがイサクをモリア山に連れて行った時、イサクが父アブラハムにどうしたかを思い出してください。父アブラハムが神様に礼拝に行くと言って、イサクを連れて行きます。 当時の礼拝とは、焼香のことです。 そのため、木も必要で、火も必要で、いけにえを取るナイフも必要です。 ところが、イサクが見ると、いけにえがありません。 そこで、こう父に問いかけます。

"父よ、火と木はありますが、焼香する子羊はどこにありますか。"

これに対し、父アブラハムは「神様がご自分で準備される」とだけ言いました。 イサクはいつ、どこで、どのように、何をもって準備されるのか、全く聞きませんでした。 しかし、イサクは父アブラハムの言葉一つで十分でした。息子は父のそばで黙って従いました。

礼拝する場所に到着しました。アブラハムが祭壇を築きます。そして息子のイサクを縛り、祭壇の木の上に置きます。 皆さん、想像できますか? アブラハムは120歳近い高齢者です。 彼がどんなに頑丈でも、20歳近い青年イサクを力で制圧することはできません。 しかし、イサクは縛られ、羊のように祭壇の木の上で静かにしています。アブラハムが剣を抜くと、イサクは固く目を閉じました。 イサクの父への従順は、死を覚悟した従順でした。 イエス・キリストの予兆です。アブラハムよ、アブラハムよ、その子に手を触れてはならない。 彼に何もするな。 あなたの息子、あなたの読者さえも私に惜しまなかったので、私は今こそ、あなたが神を畏れることを知っている」。

愛する親と子である聖徒の皆さん、神様の前に示されたアブラハムとイサクの姿と比べた時、皆さんの姿はどうでしょうか。

神様は子供である私と皆さんを救うために、独り子イエス・キリストを犠牲にされました。 そして、アブラハムとイサクとは違って、実際に自分の息子を殺されました。 そして、独り子イエス・キリストは従順によって死なれました。 そうして私たちは救われました。

親愛なる聖徒の皆さん、それでは、今、私たちが子供たちにどのような親になるべきか分かりましたか? 勤勉に子供たちを教えてください。神の御言葉を教えなさい。救いの教理を教えなさい。祈りを教えてください。礼拝に熱心に参加して習慣化するように教えなさい。 そして従順することを教えなさい。このすべてのことにおいて、あなたがまず神を畏れる姿を示してください。 そうすれば、あなたの子供たちが神の息子、娘として立派に成長し、祝福を受ける人生になると信じています。

조회수 11회댓글 0개

최근 게시물

전체 보기

Tritunggal dan Kasih(Yohanes 14:8-12)

Tritunggal dan Kasih (Karya Bersama Tritunggal) (Yohanes 14:8-12) Allah yang baru saja kita akui di dalam Pengakuan Iman Rasuli adalah Allah Tritunggal. Kita mengakui Bapa, Anak dan Roh Kudus. Iman ki

三位一体と愛(三位一体の共同作業)(ヨハネ14:8-12)

三位一体と愛(三位一体の共同作業)(ヨハネ14:8-12) 私たちが先ほど使徒信条で告白した神様は三位一体です。父と子と聖霊について告白しました。私たちの信仰は私たちの中から出てくる信仰ではありません。 私たちの信仰は、私たちが信じる神様、すなわち父、子、聖霊様と繋がっていることで告白されます。三位一体の神様と繋がっていない信仰は「不信」であり、「迷信」です。 私たちの礼拝は、三位一体の主日である

Tanda-tanda Turunnya Roh Kudus (Kisah Para Rasul 2:1-8)

Hari ini adalah hari Minggu Kedatangan Roh Kudus. Apa itu "Adven?" Secara sederhana, kata ini berarti "turunnya Allah". Hal ini mengacu pada peristiwa di mana Allah yang maha tinggi dan kudus turun ke

Commentaires


bottom of page