top of page

2024.2.11 主日説教(日本語訳)

本説教翻訳文は、deeplプログラムを利用したもので、完璧な翻訳ではありません。


使命が率いる人生(使徒言行録25:1-12)

久しぶりに使徒言行録の御言葉を分かち合います。簡単に前回の内容をお話しします。

使徒パウロが様々な異邦人教会から献金を持って母教会であるエルサレム教会を訪問しました。 使徒はカイザリアで出会った預言者と弟子たちから、エルサレムで大きな患難があなたを待っているという預言の言葉を聞きましたが、その言葉通り、使徒はエルサレム神殿でユダヤ人の乱暴な攻撃を受けることになり、ローマのデモ隊まで出動する状況が起こります。

使徒はサンヘドリンの一方的な裁判に召喚され、非難を受ける危機に陥りますが、彼らの中で復活論争が激化し、裁判は強制休廷となり、天部長グラウディオ・ルシアはパウロをアントニア要塞に拘留します。 その夜、パウロはイエスの声を聞くことになりますが、それはパウロに新たに与えられる使命でした。

使徒言行録23:11 その夜、主がパウロのそばに立って、「大胆になりなさい、あなたがエルサレムでわたしのことを証言したように、ローマでも証言しなければならない」と言われました。

絶望的なその夜、先の見えないその夜、主はパウロに新しい使命を与えてくださいます。パウロは「主よ、今、私の鼻が真っ黒です。ローマはおろか、エルサレムで私の命が終わるかもしれません」とは言いませんでした。 彼は再び主から与えられた使命に身を委ねます。

そのためには、パウロはエルサレムから離れなければなりません。 しかし、アントニア要塞の外には、パウロが死ぬまで、パウロが死ぬまで何もしないことを誓った四十数人が暗殺団を組織したというニュースが聞こえてきました。 このままでは、パウロがアントニア要塞の外に出た瞬間、パウロは死んだ命と変わらないのです。 しかし、パウロには主から与えられた使命があります。

パウロが生家から暗殺団の知らせを聞き、天部長グラウディオ・ルシアに知らせます。この知らせを聞いた天部長は、パウロがたとえ囚人であってもローマ市民権者であるため、気になりました。明日の朝になれば、パウロがサンヘドリン公会の裁判に再び出席しなければならないのですが、途中で自分のローマ市民の囚人が暗殺されるのを見過ごすわけにはいかないのです。

天部長のグラウディオ・ルシアはパウロを急いでカイザリヤに護送する計画を立てます。 すぐに百人隊長二人を呼んで秘密の護送作戦を展開します。グラウディオ・ルシアは行政手続きにも問題がないように、事実を記載した公文を総督ベリクスに先に送ります。パウロを殺そうと躍起になっているユダヤ人たちには反感を買うことは明らかですが、彼はローマ市民を守るべき自分の責任のために機転と旗幟を発揮したかなり魅力的な人物であることは間違いありません。 ユダヤ人の心を買おうと葛藤していたベリクスとベスドとは対照的な人物です。とにかくパウロはグラウディオ・ルシアのおかげで、「ローマ」に行かなければならない使命に向けて一歩を踏み出すことができました。

パウロは200人の歩兵、70人の騎兵、そして200人の槍兵の護衛を受け、安全にカイザリアまで移動することができるようになりました。

使命に導かれる人生には、このように驚くべき神の導きがあります。内は刑務所に閉じ込められていて、外に出れば殺されるしかなかったパウロ、文字通り窮地に立たされたパウロを、神様は悠々と安全に脱出させてくださいました。 使命をくださった神様が、使命を成し遂げるようにしてくださいます。

パウロがカイザリヤに到着した事実を知ったユダヤ人は怒りを爆発させます。そして大祭司アナニヤと長老たちとユダヤ人たちは、五日後にダデュロという弁護士を連れてカイサリアにやって来て、パウロを告発します。

そうしてカイザリアでのパウロに対するローマ式裁判が開かれます。彼らは多くの内容でパウロを告発しましたが、証明する何の証拠も提示することができませんでした。 結局、彼らの告発は失敗してしまいます。 総督ベリクスと彼の妻はパウロが伝える福音に興味を持ちます。 しかし、ユダヤ人の心を買うために、結局パウロを解放することはありません。

そうしてパウロはカイザリア刑務所で2年間を過ごします。期待したベリクスは結局、何の助けも与えずにカイザリアを去りました。 しかし、主から受けた使命、すなわち「ローマでも証ししなければならない」と言われた使命はなかなか実現しないようです。2年間、パウロは使命に失敗したのでしょうか。

ベリクスが去り、彼の後任としてボルギオ・ベスドという者が総督に任命されてカイザリアにやってきます。 果たして新しい総督ベスドはどんな人物なのでしょうか?

新総督ベスドの関心事

ベスドは、前任者がユダヤ人に対してあまりに乱暴に接していたため、暴動や反乱が頻発したことを知っていたでしょう。 そのため、新しい総督の目標は、どうにかしてユダヤ人を安心させ、彼らに好感を持たせることでしょう。

実際、ベスドは自分の新しい執務室があるカイザリアに到着してから三日後にユダヤ人の最高指導者たちに会うためにエルサレムに上ります。 ここで「エルサレムに上る」という言葉は、地形的に高い地域だからではなく、ユダヤ人にとってエルサレムは政治的、宗教的な中心地であるため、今日の「東京に上る」という言葉と意味が似ています)。

明らかに政治的な目的のエルサレム訪問でした。ペテロは大祭司や有力なユダヤ人に会いました。ベスドは積極的に皆さんを助けるから、自分が就任する間、協力してほしいという言葉を伝えたのではないでしょうか。 一種のGive&Takeのようなものです。

大祭司たちと有力者たちは待ってましたとばかりに、ペテロにあることを要求します。果たして彼らは新しい総督に何を要求したのでしょうか。税金を下げてほしい。政治的干渉を最小限にしてほしい。まあ、こんなことを要求することもできたでしょう。 しかし、彼らが要求した一つのことは、パウロをエルサレムに引き渡すことでした。

2年が経ちましたが、パウロに対する殺意がまだ残っていることがわかります。 彼らはペトロの好意を自分たちの悪行の機会として利用しようとしました。 他人の好意を悪意で利用すること」は本当に悪なことです。

大祭司たちと有力なユダヤ人たちは、ペテロがパウロをエルサレムに送ったら、道中で待ち伏せして暗殺する計画を立てました。詩篇1篇の「悪人の策略、罪人の道、傲慢な者の座」であることが分かります。

今、パウロの命はペトロの選択にかかっているように見えます。パウロの使命、ローマに行って福音を伝える使命を受けたのに、逆にエルサレムに戻ることになるかもしれない、そこで暗殺されるかもしれないという危機が訪れます。

もう一度考えてみましょう。ベスドが着任して三日後にエルサレムを訪れた目的は何だったのでしょうか。 ユダヤ人の心をつかむためでした。ベスドは、一人の囚人と自分の欲しいものを交換する機会が生まれました。

ところが、新総督ベスドは、「私は再びカイザリヤに戻るから、私と一緒にカイザリヤに下りれば、裁判を開いてくれる」と言います。 ベスドの意図は何だったのでしょうか。ユダヤ人に好意を示すのをやめるつもりだったのでしょうか? この後の彼の言葉を聞くと、そうではないようです。

8日か10日後、ペテロはカイザリヤに戻ります。 そして、すぐにパウロを呼び出し、裁判を開きます。ペトロの立場では、この裁判でユダヤ人の心を買いたかったのでしょう。 パウロが裁判場に入るとすぐに、待っていたようにユダヤ人がパウロを取り囲みます。 そして、いろいろな言葉でパウロを告発し始めます。 またもやパウロ、殴られます。様々な罪でパウロを責め立てます。ギリシャ語の表現で言えば

πολλὰ καὶ καὶ βαρέα αἰτιώματα καταφέροντες

ポラ カイ バレア アイティオマタ カタペロンテス

ここで告発すると訳されたギリシャ語「καταφέρω」は、重荷を背負わせるという意味を持っています。 つまり、多くの重い非難と判断でパウロを圧迫し始めたという描写です。

今日、インターネットのソーシャルネットワークが発達したことで、どんなニュースでも本当にあっという間に全世界に広まります。 特にネガティブなニュースはもっと早く一波万波と広がります。誰かが悪いことをしたと言えば、あっという間にインターネットに広がります。事実確認もせずに関連する虚偽のニュースが次から次へと出てきて、人々はインターネットの匿名性の後ろに隠れてコメントで非難や悪口を浴びせます。

有名人や芸能人の中には、自分に対する否定的な世論やインターネットのコメントによって、恐怖と恐怖に陥り、生きる希望まで失うことも少なくありません。

パウロに向かって、多くの人が一斉に「お前はひどい罪人だ、お前は死ぬべきだ、お前は消え去るべきだ」と罵倒し、非難します。2年前にすでに自分が勝訴したのに、再び裁判の場に立ち、このような恥と非難を受けなければならないパウロの心境はどうだったでしょうか。

彼らは多くの告発でパウロに濡れ衣を着せましたが、何の容疑も立証できませんでした。ローマの法廷では証拠がなければどうしようもありませんが、もしエルサレムだったら、彼らは偽証人を買収してパウロを殺したでしょう。

ペテロは、ユダヤ人たちがあれだけ告発したのに、何の証拠も出せないのを見て、どのような心境になったのでしょうか。きっとユダヤ人との取引条件としてパウロを引き渡さなければならないのに、それにしてはパウロの弁論があまりにも優れています。

- ペトロの二種類の天秤

最終的にペテロも、本音が露わになる質問をパウロにします。 9節です。

使徒言行録25:9 ベスドがユダヤ人の心を得ようとして、パウロに尋ねた、「あなたがエルサレムに上り、この事件について私の前で尋問を受けるつもりですか。

ペテロがパウロに自分と一緒にエルサレムに行き、もう一度裁判を受けようと提案します。 そうです、ここでパウロの味方は誰もいません。

同じ事件を同じ裁判長が判決を下すのに、カイザリアでの判決が異なり、エルサレムでの判決が異なるはずがありません。 ところが、ペテロも、ポケットの中に別の錘を持っています。二重基準を持っています。ベスも、ベリクスより卑劣な者です。

(無実を知りながら)

その後26章を見ると、アグリッパ王とバーニゲが登場しますが、彼らはパウロの弁論を聞いた後、パウロが無罪であることを宣言します。 先ほど、天長グロディオ・ルシアもパウロが無罪であることを知っていました。 しかし、この総督たちが問題です。本디오ピラトはイエスが無罪であることを知りながらも、ユダヤ人の心を得ようと、イエスに死刑を宣告しました。ベリクスそしてベスも、パウロが無罪であることを知っていながら、パウロを釈放せず、危険にさらします。ポケットに二種類の天秤の重りを持っているからです。

申命記25:13-16 (NKRV)

13 あなたは、あなたのポケットに二種類の天秤の錘、大きいものと小さいものを入れてはならない。

14 あなたの家には、大小二種類の天秤を置かないでください。

15 ただ、完全で公平な天秤を置き、完全で公平なイオンを置きなさい、そうすれば、あなたの神、主があなたに与える土地で、あなたの日が長くなるであろう。

16 このようなことをするすべての人、悪を行うすべての人は、あなたの神、エホバの忌まわしきものである。

私たちはどうでしょうか? 私たちの心の中には、いくつかの種類の天秤の重りが入っていませんか?

- 金持ちになりたいという天秤のおもり:「お金になるのか、ならないのか」、「自分に利益があるのか、ないのか」、

- 名誉の天秤:この仕事をすることで、人々が私を高くするのか低くするのか。

- 誇りの天秤:これをすることで人々が私を認めてくれるかどうか?

なぜイエス様が十字架につけられたのか。 それは、人々の心の中にある2種類の天秤の錘のためです。 ボンディオ・ピラトだけではありません。 イエス様の弟子たちもそうでした。 イエス様に従いながらも、イエス様が無罪であることを知りながらも、結局自分自身のために他の錘を取り出します。国は偶像の錘を取り出します。いろいろな言い訳の錘を持って、結局はイエス様を否定します。

愛する純福音群馬教会の聖徒の皆さん、私たちのポケットに2種類以上の秤の錘があるなら、全部捨てましょう。神の御言葉が私たちの完全で公正な天秤の錘となることを信じて、残りは捨てましょう。私の欲と傲慢と虚栄心の錘を捨てましょう。

ベスド、彼はどうにかして前任者よりも成功したいという欲望がありました。 それで、彼が着任してすぐにしたことは何ですか? 不当に刑務所に閉じ込められている市民がいないかどうかを調べることでしたか? いいえ、ただ自分のためになるような人を探すことでした。 皆さん、どうですか? 人に会いに行くことから始めなかったのですか?

そうしてベスドが得たものは何でしょうか? 前任の総督ベリクスの在職期間は52年から60年、約8年ほどでした。 では、着任してすぐにユダヤ人の心を買うために人々を探し回ったベスドは、長い間、悠々とユダヤの地を統治していたのでしょうか?ベスドは60年に着任しましたが、62年に突然亡くなります。

愛する聖徒の皆さん、人を探す時間に、まず神様を探しましょう。私が見守るべき人を見守ってください。 そして、神様の前に出て祈ってください。

使命に対するパウロの意志

お金と名誉を追わず、使命を追って生きてください。

使徒パウロ、彼は多くの人に囲まれ、攻撃され、脅され、非難されました。 普通の人の精神力なら、すべてをあきらめたくなったでしょう。 しかし、パウロ、揺るぎませんでした。 主から与えられた使命が彼を導いてくれると信じていたからです。

使命に導かれる人は、自分を非難して殺そうとする人を恐れる必要はありません。 ベスもそうですが、人に失望する必要もありません。

パウロはペトロの馬鹿げた質問に自分の使命を考えました。 10節で、パウロはこう言います。

使徒言行録25:10 パウロは言った、「私はガイサの裁判の席に立ったので、当然そこで尋問されるであろうが、あなたもよく知っているように、私はユダヤ人に不義を犯したことはありません。

これはローマ市民の最も古い権利の一つである「プロヴォカチオ」(provocatio)という控訴権としてローマ皇帝に上訴することができる権利です。

この上訴権は、通常、治安判事の判決に不服して行使する上訴でした。被告人が「調査はローマで行われるべきであり、判決は皇帝が直々に下すべきだ」と言えば、上訴が行われました。10節で、パウロはまさにこのことを言っているのです。

ローマ帝国の初代皇帝であるアウグストゥスは、ローマ市民を侮辱的な刑罰や強制の形から守るためにこの法律を作りました。上訴を求めた後は、下級裁判所が判決を下さないように、あるいは、上訴の裁判を受けるために時間内にローマに行くのを妨害することからもローマ市民を保護しました。

パウロが今更「プロボカチオ」を使った理由は何でしょうか?パウロがベリクス総督の時に上訴しなかった理由は、おそらくベリクスの時に釈放されると思っていたのでしょう。 しかし、ベリクスはそのまま去り、ベスドによって状況はますます悪化しました。パウロは使命のために世俗的な権利を使いました。

皆さんの中に、「パウロはローマに行き、旅行もすればいいのに」と思う方がいるかもしれません。 しかし、パウロ、福音を伝える場所で歓迎されるどころか、迫害を受けました。 自分が伝えるその福音のために苦難を受けてきました。 それでも、福音に対する意志はより強かったのです。

世の中で成功した人の特徴は「強い意志力」だと言われています。偉大な人もみんな「強い意志力」を持っていました。 意志力が弱い人は、たとえ多くの才能と知識を持っていても、世の中で認められることは難しいです。

しかし、その意志が善の意志か悪の意志かが重要です。ヒトラーの意志は邪悪な意志でした。 彼の意志が強ければ強いほど、より多くの人々が無惨に命を失いました。今日の本文に登場するユダヤ人も意志がものすごく強いです。2年経っても、パウロを殺そうとする意志は少しも衰えませんでした。 しかし、それは邪悪な意志です。人を非難し、殺そうとする意志。

イエス様の意志は善の意志でした。 イエス様の意志がどれほど強かったか、イエス様の汗の滴が血の滴になるくらいです。十字架の苦難と死を身をもって受けられました。 彼の善き意志は、罪人たちを救う扉を開かれました。

誰でも強いか弱いか関係なく、意志を持って生きています。 それなら、その意志が善の意志か悪の意志かを知る必要があります。

邪悪な意志とは何でしょうか。 自分自身に従う意志です。自分の利益、幸福、自慢、名誉、人気、世間での成功。これに対する意志は邪悪な意志です。ポケットの中にものすごく多くの異なる重りを入れて持ち歩きます。 結局、自分だけのための固執の意志です。

では、善い意志とは何でしょうか。 イエス様の意志を考えてみてください。イエス様の意志は自分の意志ではありませんでした。父の意志、従順の意志でした。

使徒パウロはどうでしょうか。 主から与えられた使命に対する従順の意志です。パウロの姿から、父に従順するイエス様の意志が見えます。

パウロの意志は使命から出る意志でした。使命とは、神様から与えられた任務です。使命を英語で'Calling'と言います。 つまり'召し'です。旧約聖書では、非常に特別な少数の人々だけが神様からcallingを受けました。 アブラハムとモーセ、サムエルとダビデのように、各時代に少数の人々だけが神様から使命を受けました。

しかし、新約聖書に来て、すべての聖徒が神様に「召し」を受けたと言います。 そうです。 この召しは、第一に、「救いへの召し」であり、第二に、同時に人生の中で「聖化するための召し」であり、第三に、生涯を支えて神様に栄光を返すための「より高い召し」です。

使徒パウロの意志の中にイエス・キリストを発見することができるなら、私たちもそうしなければなりません。 私と皆さんの人生の意志の中にイエス・キリストの意志が現れるためには、私たちは使命に従って生きなければなりません。私たちに使命を与えてくださった方がまた、使命を成就させるのです。使命は、信者がこの世界を神様の意志で生きるようにします。 神様の意志で生きるなら、耐えられないことはありません。

主から使命を受け取ってください。いや、主から与えられた使命を悟ってください。 その使命で主が導いてくださる祝福された一週間になることを主の御名によって祝福します。

조회수 8회댓글 0개

최근 게시물

전체 보기

2024.2.18 主日説教の日本語翻訳

神様が喜ばれる断食(イザヤ書58:1~12) 私は先週の日曜日、聖徒の皆さんに四旬節期間中、リレー断食祈祷に参加するようお願いしました。 そして先週の水曜日、当教会の2024年度四旬節リレー断食祈祷がスタートしました。 教会に出席して間もない方の中には、「四旬節とは何なのか、断食祈祷とは一体何なのか」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。 私は今日の御言葉を通して、今回の四旬節のリレー断食祈

bottom of page